更新情報

久保田たかし(崇)の『復興・防災論』【その7】

コラム

「課題先進地」である被災地を訪問して日本の未来を学ぼう

※この記事は2018年3月15日に公開されました。

奇跡の一本松。2011年4月撮影、陸前高田市提供

 東日本大震災から7年を迎えました。3.11関連の報道を見て、東北のことを「思い出した」人も多かったのではないでしょうか。一方で、いまさら支援物資を送るでもないし、どう関わったらよいかわからない、という声もあると思います。

震災から7年、被災地とどう関わったらよいのか

 私は、ボランティアに行くでもない、単に「訪問する」ことをおすすめします。特に、防災などを学ぶために東北を活用してはいかがでしょうか。私は現に2月下旬、学生15人を連れて岩手県内の被災地を回ってきました。

 陸前高田市は、震災直後にボランティアに入ったのが縁で4年間、副市長を務めた場所です。震災で人口の7%を失いましたが、数年間にわたって中心市街地のかさ上げ工事を行い、昨年4月にはショッピングモール「アバッセたかた」、7月には図書館が相次いでオープン。住民が待ち望んでいた商店街が復活しました。

→続きはコチラです。