更新情報

久保田たかし(崇)の『復興・防災論』【その6】

コラム

東日本大震災で生死を分けたのは、一体何だったのか?

※この記事は2018年3月9日に公開されました。

避難所となっていたが130-170人が犠牲となった陸前高田市の市民会館(中央白い建物)。同市提供

東日本大震災から7年を迎えました。この震災から、私たちはどんな教訓を学べるのでしょうか。

 私は岩手県陸前高田市において2013年2月に開始された東日本大震災検証委員会の委員長として、1,757人の死者・行方不明者を出した陸前高田市の検証報告書の作成に携わりました。この経験から、同市において生死を分けた要因を解説したいと思います。

→続きはコチラです。