更新情報

久保田たかし(崇)の『復興・防災論』【その8】

コラム

「大槌町の旧庁舎解体決定」から震災遺構を考える

※この記事は2018年3月20日に公開されました。

2013年に解体された陸前高田市役所旧庁舎。2011年撮影、同市提供

 旧役場庁舎の解体関連予算案を審議した3月15日の岩手県大槌町議会では、可否同数(6対6)だったことから、議長採決により解体が決まりました。

 「後世に津波の脅威を伝えることができるのに、なぜわざわざ解体するの?」という素朴な疑問を持つ方もいるでしょうし、「なぜ、震災から7年のこのタイミングで?もっと早く決められなかったの?」と思う方もいるでしょう。本稿では被災地の震災遺構を解説します。

→続きはコチラです。