更新情報

久保田たかし(崇)の『復興・防災論』【その12】

コラム

単線型復興から複線型復興へ

※この記事は2018年4月12日に公開されました。

東日本大震災の避難所。避難所に来ていない被災者もいる。(写真:ロイター/アフロ)

 先日、とある省庁のヒアリングを受けました。在宅避難者の把握・支援、住まい確保全般に関して調査したいということでした。本稿では、住まいを中心に被災者情報の把握、支援方法について考えてみたいと思います。

単線型復興から複線型復興へ

 ヒアリングで私が指摘したのは、現在の被災者支援は、単線型すぎるということでした。現在の支援は、
(1)避難所

(2)応急(建設型)仮設住宅

(3)恒久住宅
という三段階で順を追って進んでいきますが、このラインからこぼれると支援が届きにくいことが挙げられます。(これは、塩崎賢明先生などが主張されています(『復興<災害>』、2014岩波新書))。

→続きはコチラです。